車 査定 相場

車査定相場よりも確実に10万円以上高く売る方法を大公開

 

車査定は、細かいキズもチェックされます。
でも、細かいキズ程度なら、自分でも修復することができるので、安心して下さいね。

 

 

ここでは、研磨の方法を簡単に紹介したいと思います。

 

 

 

まずは、コンパウンドを用意しましょう
保護皮膜のあるワックスでも、可能です。
コンパウンドを塗布するスポンジも必要です。
スポンジも、普通のスポンジではなく、
握る部分にウレタン素材がついたものが好ましいですね。

 

 

 

さて、作業に取り掛かりましょう。

 

 

1.スポンジに、コンパウンドを小さじ1程度取ります。
2.塗布した面に、叩くように馴染ませていきます。
3.スポンジは、半分くらい潰れるほどの圧力をかけましょう。

 

 

さっそく、細かいキズに塗布していきます。

 

 

1.両手でスポンジを持ち、キズ部分に「タテ・ヨコ・タテ」と磨いていきます。
2.キュッキュッという音が聞こえてきたらOK
3.そのまま作業を続け、音がなくなるまで磨きます。
4.再びスポンジに小さじ1のコンパウンドを取り、圧力は弱めに磨いていきます。

 

 

 

キュッキュッという音がなくなったら、作業は終了です。
仕上げに、ネル地を使って、磨いた部分を拭き取りましょう。

 

中古車販売とカー用品について。
最近は、中古車のカー用品を専門に取り扱っているお店が増えてきました。
もちろん中古車販売店でも、カー用品を扱っているお店は少なくなく、
激安で購入できる用品もあります。

 

 

中古車カー用品の良いところは、
なんと言ってもなかなか手に入らない品を購入できること。
珍しい部品や高価な部品など、比較的安く手に入るのが、
中古のカー用品店です。

 

 

また、不要になったカー用品を買い取ってくれるサービスもあり、
余ったパーツを有効活用することができます。
お店に直接持って行けない方のために、ネットで買い取ってくれるサービスも。
遠方でも、売りたいところでカー用品を売れるのは助かりますね。

 

 

 

ちなみに、中古のカー用品と言ってもひと口にさまざま。
一般的に、ケミカル用品やメンテナンス、アクセサリなどが挙げられますが、
トランスミッターやデザインフック、
ワイパーなどのパーツもカー用品に含まれます。
なかには、“ワケありパーツ”と言って、激安で販売しているカー用品もあります。
ただし、不具合が生じる場合の返品・交換は不可能ですので、
損をしないためにも、しっかり下調べをし満足した上で購入しましょう。

 

トヨタを値引く方法について

続きを読む≫ 2014/05/27 10:19:27 車査定情報

 

アストラ (オペル)とは、オペルが生産と販売を行っているコンパクトカーです。
オペルとは、ゼネラルモーターズ傘下の会社になります。

 

 

1991年に初代モデルが登場し、
カローラに次ぐ世界第2位の販売台数を誇る車種になりました。
1997年には、西ヨーロッパで販売台数第1位を記録しています。

 

 

日本仕様は、3または5ドアハッチバックの他、
・4ドアサルーン
・5ドアワゴン
・2ドアカブリオレのガソリンエンジン

 

 

のモデルが輸入されました。

 

 

 

現行モデルは、4代目。
2009年より販売しており、フランクフルトモーターショーで発表されました。
プラットフォームは、シボレー・クルーズと同じ
GMデルタIIプラットフォームを採用しています。
同年11月には、中国市場でバッジエンジニアリング車が、
ビュイック・エクセルXTとして発表されました。

 

 

2010年10月にワゴンが登場し、
「スポーツツアラー」という呼称に変更しています。
そのため、ワゴンやキャラバン、エステートという呼称は使われませんでした。

 

 

 

さらにパリモーターショーで「ASTRA GTC Paris Concept」を発表。
コンセプトは“エレガンス&スポーツ”

 

B360(マツダ)とは、マツダが過去に製造していた軽自動車です。
K360の後に登場しましたが、お互いの特徴を活かして、
両車は併売されました。
種類は、ボンネット型トラックとライトバン。
ライトバンは「ビーバン」という愛称で親しまれていました。

 

 

 

販売が開始したのは、1961年2月。
1963年9月にマイナーチェンジされ、エンジンが変更されました。
(総アルミ合金製水冷・直列4気筒4ストローク・OHVエンジン)

 

 

さらに1965年にもマイナーチェンジが行われ、
フロンと周辺のデザインが変更されました。
また、ヘッドランプの形状の変更が行われ、
1968年11月に、製造が中止されました。
後継車種は、ポーター。

 

 

 

B360は、ミャンマーにも輸出されました。
ミャンマーで輸出されたのは、V2エンジンのB360/B600、オート三輪のK360/T600。
1960年代に輸出されました。
当時、ミャンマー国内には日野製の3.5t/6.5tトラックを
ノック生産するための国営企業(MADI)が設立されていました。
MADIがB360国内販売が終了した後、
1973年にマツダの生産設備の委譲を受けてから、
B360/K360の現地生産に着手したと言われています。

 

 

 

他にも、B360は、
600ccにボアアップされたB600も海外市場での主力車種になりました。

 

プリウス(トヨタ)とは、トヨタのハイブリッド専用車です。
世界初量産となり、ハイブリッド専用車を中心とした、
ハイブリッド専用車のブランドを指します。
そのため、現在世界93カ国で販売されており、
車名はどの国でも「プリウス」を名乗っています。

 

 

初代モデルは、1997年に登場。
1998年11月に、特別仕様車である「Gセレクション」
「Gセレクション・ナビパッケージ」を発売し、
ボディカラーも「スーパーホワイトII」が追加されました。
また、この年に「1998年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

 

 

その後、最初のマイナーチェンジが2000年5月に行われました。
これにより、超ー低排出ガス認定を受けており、
北米での販売開始に伴い、現地での安全基準へ適合させるべく、
バンパー形状が変更されました。

 

 

 

現行モデルは、3代目になります。
2009年1月の「北米国際オートショー」にて発表され、
同年5月18日に日本で販売が開始されました。
2代目モデルと同じく、3ナンバーになります。
2011年12月にマイナーチェンジされ、内外装のデザインが変更されました。

 

フリーカ(三菱)とは、三菱の多目的車です。
三菱展開の、「ダイナミックファミリーワゴン」シリーズになります。

 

 

第一弾は、1997年台湾にて。
DFWの第一弾として発売され、
ドアやさまざまな部品が2代目パジェロから流用されています。

 

 

 

エンジンは、
・直4気筒1600cc/2000ccガソリン
・ディーゼル2500cc

 

 

また、仕向け地によって異なります。
トランスミッションは、当初5速MTのみの設定となっていましたが、
4速ATが追加設定されました。
乗用定員は、地域の税制で1列目セパレートシートの5人乗りから
1・2列目ベンチシート、10人乗りまで存在します。
10人乗りにいたっては、荷室が向かい合わせになっているのが特徴です。

 

 

マイナーチェンジでは、一部の商用グレード以外、
ブーレイ顔にフェイスリフトされています。
また、台湾ではピックアップトラック仕様も存在しています。

 

 

 

フリーカの歴史は、
・1997年台湾で生産開始
・1998年フィリピンで生産開始(三菱・アドベンチャー)
・1999年インドネシアで生産開始(三菱・クダ)

 

 

1600ccエンジンのインドネシアのクダは、
2005年に多目的車のスズキ・APVのOEM「メイブン」にバトンタッチしています。
しかし、フリーカとアドベンチャーにいったては、
エンジン上、クラスが異なるため、継続製造されています。

 

 

車買取には、手続きが必要になってきて、そう簡単には売却はできません。
車には法律によって公道を走るための手続きが必要なので、
そのための、保険、車検などを譲渡しなければならないのです。

 

車買取をしてもらうためには、手続前に幾つかのものを用意する必要があります。
車検証や、自賠責保険証、印鑑や、
印鑑証明などが必要になってきます。
これを持って中古車販売店に行ったりするわけなのですが、
最近では車買取のためには、代行サービスをしているところもあります。
車の名義変更をするのは、割と面倒であったりするのですが、
その手続きを大手販売店で代行してくれたりするのです。

 

名義変更が無事に終了しましたら、
名義変更通知書というものを発行してもらえるようになっており、
手続きを代行してもらえるようになっているのです。

 

他にも、ローン残債サービスというものもあって、
車のローンが残っているという人に対して、
その人ごとの都合に合わせて、
ローンの残債手続きサービスを行なってもらえるようになっています。

 

昨今ではこのように、面倒な手続きでも代行してもらえますので、
売却サービスは楽に済みます。

 

続きを読む≫ 2013/09/03 13:49:03 車査定情報

 

 

車買取、そして車検にはどのような関係があるのでしょうか?車検が残っているということが、
車買取り時の際の査定に影響をおよぼすことがあるのでしょうか?
実際の所、車検が買取査定の金額に関係するということはありません。

 

どれだけ車検までの期間が残っていようと、査定金額と車検には関係が無いと思っておいて構いません。
ですので、車検までの期間がギリギリという状況で、査定に出しても問題はないわけです。
また、お得さで考えるのでしたら、究極のところ、

 

車検の期限の前日に買取査定に出してしまってもいいわけです。車検切れの場合は、
買取してくれないこともあるので、これは注意しなければならないのですが、
最近では事故車なども買取ってくれることもありますので、車検はあまり関係ありません。

 

特に、車検期限が多く残っているほど、高く車買取をしてくれると、
そう思っている人もいるようなのですが、これは間違いだそうですので、
しっかりと覚えておくようにしましょう。
車買取りをしてもらうにあたって、車検に出す必要はわざわざする必要はありません。

 

続きを読む≫ 2013/08/27 13:49:27 車査定情報

 

 

車買い取り額でトラブルが起きてしまうようなこともあります。
それは、ネットオークション等はもちろんのことながら、
一般的な買取店舗などでも起きてしまうものとなっています。
買取査定はもちろんのことながら、よく広告宣伝で、高額買取り、簡単査定といったものに惑わされて、
トラブルが起きてしまうような事もあります。

 

たとえば、メールや電話では高い価格を伝えられたのに、実
際に車を見せると減額されたという言葉や、
一括見積もりで以来したので、
わけのわからない個人営業者まで交渉を共用してきたということもあるようです。

 

一括査定で依頼をすると、交通費と人件費を請求された、
買取査定額よりも減額をされたということなどはよく起きている出来事のようです。

 

もっと車買い取り額で悪いトラブルが起きてしまうことも有るようです。
例えば、査定時に車を傷つけられてしまったり、
買取契約内容にキャンセル料がかかるような事を言われたりと、
こちらは悪質な手口によるトラブルといえるでしょう。

 

車買い取り額でトラブルを出さないためにも、その買取業者が適切な所であるかどうか、
口コミでチェックをしておいたほうが良いでしょう。

 

続きを読む≫ 2013/08/21 13:47:21 車査定情報

 

車内にニオイがあるような場合、このような車を売るにはどうしても、と思う人も多いかもしれません。
実際、ニオイというものが、人に与える印象は大きなものですから、
ニオイについてはきちんと対処をしたいものですね。
ニオイと言っても様々なものがありますが、
車内のニオイの中でも特にその人らしさを出してしまうものとして、煙草があります。

 

タバコの匂いはこれは吸っている人には分からないものですが、
吸わない人には相当に匂ってしまうものです。

 

車買取のディーラーの人が煙草を吸う人であるか否か、といったことにかかわらず、
やはりある程度は対処をしておきたいものですね。
煙草を吸うという人は、

 

車買取をするよりも前に車内のニオイを消すために洗車などをしておいたほうが良いでしょう。

 

しかしながら、染み付いてしまったニオイを完全に取り外すことはできませんから、
こればかりは仕方ないものです。

 

ニオイで査定価格を減らしたくないのでしたら車内で煙草を吸わないといった、
極論的方法で対処するしかないかもしれません。

 

続きを読む≫ 2013/08/14 13:47:14 車査定情報

 

 

車査定において、ボディーカラーが、価格変動を起こすことはあるのでしょうか?
車査定では、車の種類や、年式や、状態といったものをミますが、
ボディーカラーについては果たしてどうなのでしょう?
結論からいいますとボディーカラーでも、価格変動は起こします。

 

そして、その車の人気のある車種の価格が高くなるのは、もちろん当然のことです。
しかし、ここでボディーカラーがあまりにも派手すぎるような、
ピンクやグリーン、イエローといったものは、逆に敬遠されてしまいがちです。

 

レッドといったものも、昔は流行りましたが、結局一番人気があるものは、
ブラックやホワイト、そしてグレーといったものになります。
更にセダン車が一番人気があります。よほどプレミアが付いているようなものでなければ、
無難なカラーのものが人気がある形になります。

 

また、プリウスなどの車では他のカラーの方が人気がある場合もあり、
こうしたものは調べてみないとわかりません。

 

こうした時、インターネットなどの、買取査定サイトなどが役に立ちます。
車種だけではなくカラーもきちんと調べるようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2013/08/09 13:46:09 車査定情報